MENU

メールアプローチで友達から恋人へ発展させる技

友達以上恋人未満という関係性は、どちらかが何かしらのアクションを起こさなければ進展しません。しかし友達ということでメールのやり取りは案外ハードルの低いもの、ここからどう技を効かせるかによって恋愛へのステップアップの速度が変わって来ます。
いつも側にいる存在から側にいて欲しい存在に上手にシフトチェンジしてしまいましょう。

 

 

■おやすみ前のリラックスタイムにメール

 

メールを送るのにもタイミングがあります。さらっと読まれるよりはじっくり読んでもらい相手に自分をアピールしたいものです。仕事中や食事やお風呂などでバタバタしている時のメールは、その時読んでくれたとしても頭に残らないもの。
しかし、就寝前のリラックスタイムであれば相手も一人であることが多くじっくりメール文面と向き合ってくれるというものです。

 

 

 

■規則正しいメールに変化球を

 

毎晩判を押したかのようにメールを送り、お互い楽しくなったところのあと少しで切り上げる潔さが相手の心をつかみます。
また、毎晩連続で送信されていたメールがパタリと数日来ないと相手はなんとなく物足りなさをおぼえるものです。
そういった心理をうまくつかみ、相手にこちら側の心を全て分からないように小出しに出していくことが男性のもっと知りたいという欲求を掻き立てます。

 

 

 

■絵文字は適度に

 

デコメールやギャル文字は出来れば控えましょう。相手が目の前にいない文字だけしか伝わらないメールだからこそ少し真面目な所を見せるとより想いは相手に真摯に伝わります。
おふざけではなく、通常のメールは礼儀正しく綺麗な日本語を使い、ちょっとした冗談や可愛らしさを出したい時に絵文字を使うことでチャラチャラした八方美人のイメージを相手に与えず好感の持てる真面目なあなたを相手に伝えることが出来ます。

 

 

 

■聞く力と気遣う力

 

男性はとにかく自尊心が強い生き物です。男同士で褒めあったり悩み事を打ち明けあったりはあまりせず自分の内に秘める傾向があります。しかしながら本心ではもっと自分を分かって欲しい、自分を認めて欲しいという思いで一杯です。そうした欲求を満たすべく、相手の良いところをどんどん褒めたり相手の悩みやグチを聞いてあげる存在でありましょう。
口ではなかなか言えない本音もメールだからこそ腹を割って話せることもあります。さりげなく相手の調子を気遣い、元気が無いようなら聞く力を、また元気があり自信に満ち溢れているようであれば褒める力をメールの文面に出せばうまくいくはずです。

 

 

 

■おわりに

 

メールで告白から失恋まで首尾一貫出来てしまう時代だからこそ、その文字の向こう側にいる生身の人間の温度を知ろうとしなければなりません。あくまでメールは一つのツールでありそれを使うのは私達人間なのですから、思いやりや相手の心、そして自分の心を大切にしつつ恋愛成就に役立てて下さい。